インプラントweb-[インプラント治療と喫煙]相模原市 歯科

インプラント ウェブ インプラントweb
MAIL
インプラントについて
インプラントとは?
インプラントの歴史
従来の治療法との比較
歯を失ってお悩みの方へ
インプラントと天然歯の違い
インプラントとは
良いものなの?
インプラントは
どれくらいもつの?
インプラントの外科手術
インプラントの術式
インプラントのための抜歯術
骨がないと出来ないの?
ソケットリフト法
サイナスリフト法
抜歯即時インプラント埋入
インプラントの危険因子
インプラント治療と喫煙
インプラント治療と全身疾患
歯周病患者のインプラント
インプラント周囲炎の治療
インプラントの料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

インプラント治療と喫煙

歯周病と喫煙のページでも述べましたが、インプラント治療においても喫煙は、あまり良いことではありません。インプラント周囲組織おいても歯周組織と同様にニコチンが作用し悪影響を及ぼします。
では、「インプラント治療の失敗と喫煙の関係」の論文を紹介します。

インプラントの失敗と喫煙の関連性

  観察本数
非喫煙者 / 喫煙者
非喫煙者の
インプラント失敗率
喫煙者の
インプラント失敗率
(1)Brain CA, Moy P K(1993) 390本 / 1804本 4.76% 11.28%
(2)De Bruyn H, Collaert B(1994) 114本 / 338本 1.2% 6.1%
(3)Kumar A et al.(2002) 269本 / 914本 1.64% 2.97%
喫煙は良好なお口の健康を維持するためには有害なことは証明されており、喫煙と歯周病、根面の虫歯、創傷治癒不全、口腔癌との報告はされています。しかしながら、インプラントの失敗と喫煙の関連性は、「ある」とういう報告と「ない」という報告があり、現在、その詳細は明らかではありません。
では、@Brain CA, Moy P K(1993)の報告に部位による喫煙の影響が記載されているので紹介します。
・540人(男性229人、女性311人)
・ブローネマルク(2回法)
・2次Ope後の経過観察時間 1〜81ヶ月(平均37.88)
喫煙者 390本
非喫煙者 1804本
Brain CA, Moy P K. The association the failure of dental. Implants and cigarette smoking. Int J oral maxillofac impalnts1993;8(6):609−615改変引用
*この研究デザインは、後ろ向き研究で、インプラントの失敗の基準もあいまいなので、決定的な危険因子とは言えるわけではありません。上の図を見ると特に上顎前歯において、有意差がでています。またAのDe Bruyn H, Collaert Bの報告においても、上顎の方が成功率は少し落ちることが記載されています。
これは歯周病治療においても同様で、上顎前歯に最も影響がでることが1985年にPreber H, Bergstrom Jらによって報告されています。
インプラント治療においても、できれば禁煙された方が良いです。特に、GBR法(骨造成)には危険因子となる可能性であることを説明しています。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.