歯周病 歯槽膿漏web-[歯周病の原因はプラーク]歯垢 歯石 相模原市 歯科

歯周病 歯槽膿漏 ウェブ 福富歯科クリニック
MAIL
歯周病(歯槽膿漏)について
歯周病の原因はプラーク
歯周病の進行過程
歯周病の人は何人?
歯周病は薬では
治らないのか?
歯を失ってお悩みの方へ
治療について
歯周病治療の進め方
スケーリング・
ルートプレーニング
歯周外科手術
なぜ歯周外科手術が必要か?
歯周組織再生誘導法
(GTR法)
エムドゲイン
歯周外科後
のプラークコントロール
歯周病の定期検査
歯周病患者のインプラント
歯周病の方の矯正治療
歯周矯正(症例1)
歯周矯正(症例2)
危険因子、全身疾患
歯周病と全身疾患
歯周病と喫煙
歯周病と糖尿病
歯周病と妊婦
歯周病と心疾患
歯周病と呼吸器疾患
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

歯周病の原因はプラーク(歯垢)

 プラーク(歯垢)は歯周病を引き起こす最も重要な因子であり、歯肉炎、歯周炎の初発因子です。歯肉炎、歯周炎はプラークを取り除くことにより改善してきます。歯周病の発症・進行には毎日の生活習慣にあるリスクファクター(危険因子)も密接に関わっています。

プラーク(歯垢)

 プラークは、食べ物のカスのように思われている方がいますが、実際は、歯周病菌や虫歯菌とその代謝産物の塊です。プラーク1mg中に1億個以上というとんでもない数の微生物が存在すると言われています。
 このプラークが付着していると、歯肉は腫れ、歯を支えている骨が吸収し歯がぐらぐらしてきます。
歯と歯肉の間に付いたプラーク

バイオフィルムとは

 日常で見かけるバイオフィルムは、掃除をさぼっているところにできた風呂場のタイルのヌルヌルや水を換えていない花瓶内部など、ありとあらゆるところに見られ、細菌が菌体外多糖という物を作って蓄積した非常に取りにくい細菌の固まりです。
  口腔内におけるバイオフィルムは、歯の表面に溜まるプラークのことです。バイオフィルムは隙間が狭いため、消毒剤や抗菌剤、または、唾液の抗菌物質や白血球等が内部に入っていけず、なかなか簡単には除去できないのです。このプラークが固まったものが歯石です。バイオフィルムや歯石は、細菌にとって非常に生息しやすい温床や培地になるのです。
 普段の歯磨きでは、プラークコントロールが充分でない部分が必ずあります。それを取り除くのが、私達(歯科医・歯科衛生士)の行っているPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。歯周病はバイオフィルム感染症ですが、日々のプラークコントロールとPMTCによりコントロールすることができます。痛みもないのに通院するのは、面倒かもしれませんが、定期的にPMTCに受けることにより、生涯自分の歯で噛むことが可能になります。PMTCを定期的に受けることは、美容院に通うことと同じような感覚になってもらえるといいと思います。

歯石(dental culculas)

 歯石は、プラークが歯周病菌を抱えたまま石灰化して固まったもので、歯ブラシでは除去できません。表面がザラザラして、さらにプラークが溜まりやすくなります。
(写真1)歯肉縁上歯石
(写真1)歯肉縁上歯石
 下の前歯は、歯肉縁上歯石の溜まりやすい部位です。石灰化に必要な無機物を、唾液から供給されるので乳白色です。
(写真2)歯肉縁下歯石
(写真2)歯肉縁下歯石
 歯肉の下で溜まる歯石です。歯肉縁下歯石は、無機物を血液から供給されるので茶褐色です。また、歯の根の部分に強固に付着しているので、歯肉縁上歯石より除去するのは大変です。歯肉の腫れが引くと、このように見えてくることがありますが、深い歯周ポケットの場合、麻酔をしてルートプレーニングという処置で除去しなければなりません。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.