歯周病 歯槽膿漏web-[歯周組織再生誘導法(GTR法)]相模原市 歯科

歯周病 歯槽膿漏web[歯周組織再生誘導法(GTR法)]相模原市 歯科

歯周病 歯槽膿漏 ウェブ 福富歯科クリニック
MAIL
歯周病(歯槽膿漏)について
歯周病の原因はプラーク
歯周病の進行過程
歯周病の人は何人?
歯周病は薬では
治らないのか?
歯を失ってお悩みの方へ
治療について
歯周病治療の進め方
スケーリング・
ルートプレーニング
歯周外科手術
なぜ歯周外科手術が必要か?
歯周組織再生誘導法
(GTR法)
エムドゲイン®
リグロス®
歯周外科後
のプラークコントロール
歯周病の定期検査
歯周病患者のインプラント
歯周病治療の症例
重度歯周炎の再生療法症例
歯周矯正(症例1)
歯周矯正(症例2)
危険因子、全身疾患
歯周病と全身疾患
歯周病と喫煙
歯周病と糖尿病
歯周病と妊婦
歯周病と心疾患
歯周病と呼吸器疾患
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

歯周病/歯周組織再生誘導法(Guided Tissue Reneration technique:GTR法)

GTR法は、1982年にS.Nymanらによって報告された新しい治療方法です。
この方法は歯の周りに失った骨などを、より積極的に再生させるという方法です。
歯肉の下に遮断膜を設置し、膜の下に骨が再生するスペースを作ってやります。
このスペースがないと骨の再生スピードは遅いため、上皮や歯肉が入り込んでしまいます。
従来の治療法ではこのような積極的な骨再生は困難でした。


遮断膜は、当院では吸収性を使用しています。
骨移椊を併用すると骨の再生がより得られます。

従来の治療法との比較

1998年にLaurellらによって従来の治療との比較が報告されています。(単位:mm)
 
  本数 ポケットの深さ ポケット底の
上昇率
骨再生量
術後 術後
従来の歯周外科 305 7.0±0.9 4.0±0.5 1.5±0.6 1.1±0.7
従来の歯周外科
+骨移椊
207 6.9±0.6 4.4±0.4 2.1±0.5 2.2±0.4
GTR法 545 8.6±0.9 3.4±0.9 4.2±1.3 3.2±1.1
  Laurell,et al.Treatment of intrabony defects by different surgical procedures.;
A literature review.J periodontol1998;69:303-313.
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.