相模原市矢部の歯医者 福富歯科クリニック福富歯科クリニック

睡眠時の歯ぎしり検査(ウェアラブル筋電計)を導入いたしました。

相模原市矢部の歯医者【福富歯科クリニック】

睡眠時の歯ぎしり検査(ウェアラブル筋電計)を導入いたしました。

更新日: カテゴリ:お知らせ

睡眠時の歯ぎしり検査(ウェアラブル筋電計)を導入いたしました。

睡眠時の歯ぎしり(ブラキシズム)は様々な歯科疾患のリスクファクターとされています。 お口の中の被せ物の脱離や破壊、歯周病の悪化の要因、顎関節症など対策を講じるために、睡眠時の歯ぎしりを筋電計で把握することは、 患者様の良好な予後を得るためには重要です。

今までは、歯ぎしり音、起床時の顎の痛みなどの問診や、口腔内所見(歯の摩耗など)によって「歯ぎしり有り」と判断されていましたが、客観性や正診率が不十分と言われています。

ウェアラブル筋電計は軽量で小型に設計されているので、 患者様自身による自宅での筋電図測定が非常に手軽に行うことができ、客観的に重症度の評価ができます。

睡眠時筋電計歯ぎしり検査が保険導入された理由は、歯ぎしりの評価は、臨床所見で行われてきましたが、実際には歯ぎしりを行っていない患者が歯ぎしり患者と診断され、歯ぎしりに対する口腔内装置(ナイトガードと呼ばれるマウスピース)による不要な治療が行われていることが少なくないことがわかってきた背景があります。

睡眠時のブラキシズム(歯ぎしり)の臨床診断基準(ICSD3)で歯ぎしり有りと判断された患者のうちの20~30%が筋電計検査では歯ぎしりと判断される範囲には入ってこなかったことは報告されています。

アメリカ睡眠学会の臨床診断基準(ICSD3)
以下のAとBの条件を両方とも満たす患者
A:睡眠時時の日常的あるいは頻繁は歯ぎしり音の存在
B:さらに以下の臨床症状のうち1つ以上が存在する
1:睡眠時のグライディングに矛盾しない歯の異常な咬摩
2:睡眠時のグライディングに矛盾しない起床時の一時的な顎筋の痛みあるいは疲労感、または側頭部頭痛、または開口障害

歯の摩耗は、過去にすり減った形跡に過ぎない場合もあるので、現在進行形の歯ぎしり患者かどうか、歯ぎしりをしていればどの程度かの判断、評価を筋電計検査で行うことは重要と考えられるようになっています。

当院では、できるだけ正確な診断をするために、睡眠時筋電計検査に加えて、様々な問診や診査を行い、睡眠衛生指導なども行っています。

歯ぎしりをするタイミングや、し易い基礎疾患、どの問診や診査内容が感度と特異度が高いかは研究で徐々にわかってきています。ナイトガード(マウスピース)を作製する前に正しい知識と診断が大切です。

また、当院では睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療にも対応しておりますので、ブログに更新予定です。

相模原市矢部の歯医者|福富歯科クリニック

相模原市矢部の歯医者【福富歯科クリニック】

  • 診療時間[9:30〜13:00]、[14:30〜18:00]
  • ※学会や祝日のある週は、休診日が変更になることがあります。カレンダーにて休診日をご確認ください。
アクセス
〒252-0232
神奈川県相模原市中央区矢部3-4-1 八木ビル1F
アクセス
横浜線[矢部駅]南口から徒歩3分
TEL
042-755-5505
福富歯科クリニック 福富歯科クリニック