福富歯科クリニック

自家歯牙移植の症例を更新しました。

自家歯牙移植の症例を更新しました。

更新日: カテゴリ:院長ブログ

先週、自家歯牙移植を施術した症例です。

患者様の主訴は、

  • 抜く必要があると診断されたが残すことができないか相談したい。再生療法について知りたい
  • 親知らずを活用したい。

と訴え来院された29才女性です。

初診時の下顎の口腔内写真です

初診時のレントゲン写真です。

はじめに②の欠損部に③の親知らずを利用する自家歯牙移植を施術しました。利用する歯は、深い虫歯もあり、歯ブラシが難しい位置に生えていて、今後この位置にあっては長期の保存は難しいです。

自家歯牙移植直後のX線写真

部の歯を欠損部に移植しました。

術直後

術後7日

※術後7日目で少しの動揺がある程度です

移植された歯は、術後2週でマイクロスコープによる根管治療を開始し、その後に補綴(かぶせもの)処置の予定です。

自家歯牙移植の歴史は古く、成功率も高い治療法です。

研究者によりその成功率は大きく異なりますが、 自家歯牙移植術の成功は、その適応する歯、術式、術後管理等、術者の知識と経験が大きく影響され、重要なのは移植される歯の根(歯根膜)をどれだけ傷をつけないで抜けるかは非常に重要な要素です。

O.Schwartz (1985)

1955~1980年までに自家歯牙移植された291本の歯牙の1~25.7年間(平均9.6年)の予後調査の結果、生存率は5年後で76.2%、10年後で59.6%であった。

J.O.Andreasen (1990)

1973~1985年までに自家歯牙移植された370本の歯牙の1~13年間の予後調査の結果、その生存率は平均98%であった。(うち根未完成歯317本)親知らずの移植の生存率は96%。

当院では、欠損部の治療法には、多岐に渡る治療方針を提案することができます。年齢の若い方の欠損部には、ブリッジやインプラントではなく、自家歯牙移植が第一選択になります。

次回は、欠損部に矯正で歯を移動させ、ブリッジやインプラントを回避した症例をブログに掲載予定です。

相模原市矢部の歯医者|福富歯科クリニック

  • 診療時間[9:30〜13:00]、[14:30〜18:00]
  • ※学会や祝日のある週は、休診日が変更になることがあります。カレンダーにて休診日をご確認ください。
アクセス
〒252-0232
神奈川県相模原市中央区矢部3-4-1 八木ビル1F
アクセス
横浜線[矢部駅]南口から徒歩3分
TEL
042-755-5505
福富歯科クリニック 福富歯科クリニック