インプラントweb-[GBR法 骨がないと出来ないの?(骨造成法)]相模原市 歯科

インプラント ウェブ インプラントweb
MAIL
インプラントについて
インプラントとは?
インプラントの歴史
従来の治療法との比較
歯を失ってお悩みの方へ
インプラントと天然歯の違い
インプラントとは
良いものなの?
インプラントは
どれくらいもつの?
インプラントの外科手術
インプラントの術式
インプラントのための抜歯術
骨がないと出来ないの?
ソケットリフト法
サイナスリフト法
抜歯即時インプラント埋入
インプラントの危険因子
インプラント治療と喫煙
インプラント治療と全身疾患
歯周病患者のインプラント
インプラント周囲炎の治療
インプラントの料金について
相互リンク
お問い合わせ
歯周病 歯槽膿漏 web
インプラント web
矯正歯科 歯列矯正 web
審美歯科 ホワイトニングweb
福富歯科クリニック(相模原)

骨がないと出来ないの? 骨造成法(GBR法)

顎の骨の高さや幅が少ないと、そのままではインプラント治療はできません。GBR法は主にそういった状況をインプラント可能にするために骨を再生させる方法です。

骨再生誘導法(Guided Bone Regeneration technique:GBR法)

顎の骨の高さや幅が少ないと、そのままではインプラント治療はできません。GBR法は主にそういった状況をインプラント可能にするため骨を再生させる方法です。
1988年からBuser Dらによって臨床テストがはじまり、現在では予知性の高い方法と言われ、多くの論文が報告されています。
この方法は歯周組織再生誘導法(GTR法)でも提示されている方法の応用で、手術により遮断膜を歯肉の下に設置し骨の再生するスペースを作ってやります。このスペースがないと歯肉の再生のスピードが速いため、歯肉が入り込み、骨の再生ができません。
図2の状態で約6ヶ月間、骨が再生されるのを待ちます。
 
手術時間は状態によって違いますが30〜60分程度です。
この方法により、今まで困難だった骨量が少ないところにも
インプラント治療が、可能になりました。
当医院では吸収性と非吸収性の遮断膜の両方を状態によって使い分けます。
吸収性膜: 吸収性のため手術は1回で済みますが、膜の強度に劣るため、広範囲な骨の再生には不向きです。
非吸収性膜: 非吸収性のため、骨の再生後、遮断膜後、遮断膜を取り出す必要があります。また膜に強度があるため広範な骨再生量を得られやすい。
Copyright (c) Fukutomi Dentistry clinic All Right Reserved.