福富歯科クリニック

レーザー治療
LASER

レーザー治療について

痛みが少なく、
身体に負担の少ない治療

レーザー治療について

当院では、最新技術のEr:Yagレーザー(Erwin AdvErL EVO:モリタ社)を導入しています。波長は2.94μmで、水を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、表層のみ反応が起こり、熱の発生が微小なため、痛みが非常に少ないという特徴があります。

このため生体組織表層にエネルギーの大部分が吸収され、水の多い生体組織では深部に進まず、周囲組織に熱的影響が少ない安全なレーザーです。

また、硬組織、軟組織両者の蒸散が可能で、虫歯除去や歯周外科時の感染源除去、口内炎の処置などは保険適応されています。
虫歯の除去、軟組織の切開・蒸散、歯周病やインプラント周囲炎、歯茎の黒ずみにも応用されている利用範囲の広いです。

当院では歯周外科や口内炎治療時によく使用しており、口内炎に照射すると照射後直ちに痛みが緩和されます。当院では2種類のレーザー(CO2レーザー)を導入して、それぞれの特徴を活かして使い分けています。

歯周病の歯根面で比較したin vitroの研究では、レーザー治療の方が有意に高い細胞付着を示すことが複数の論文で報告されていて、治りが良いです。
レーザー治療

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーを
導入しています

炭酸ガスレーザー

このレーザーの特徴は、波長10.6μmの連続波あるいはパルス波で、軟組織を非常容易に蒸散することができ、止血作用に優れます。

しかし、硬組織においては、アパタイトの吸収が大きく、急速な蓄熱により炭化や融解は生じやすいため蒸散は難しいです。

当院で、よく使用するケースは、インプラントの2次手術や歯肉の下の虫歯の止血で、一時的にでも直ぐに充填しなければならない時に直ぐに止血するので重宝しています。

インプラントの2次手術時も切開しなくてよいので患者様負担も少ない利点があります。

形成外科や美容外科では、ほくろ・いぼ等の除去に用いられています。当院では2種類のレーザー(Er:Yagレーザー)を導入して、それぞれの特徴を活かして使い分けています。

当院の治療コンセプトには欠かせないものの一つになっていて、「あの機材があったらもう少し〇〇ができたのに・・・」などがないように、最新に機材の導入するように務めています。

臨床例の動画

  • 診療時間[9:30〜13:00]、[14:30〜18:00]
  • ※学会や祝日のある週は、休診日が変更になることがあります。カレンダーにて休診日をご確認ください。
アクセス
〒252-0232
神奈川県相模原市中央区矢部3-4-1 
八木ビル1F
アクセス
横浜線[矢部駅]南口から徒歩3分
TEL
042-755-5505
福富歯科クリニック 福富歯科クリニック