相模原市矢部の歯医者 福富歯科クリニック福富歯科クリニック

スポーツ歯科(マウスガード)
mouthguard
相模原市矢部の歯医者【福富歯科クリニック】

マウスガードについて

当院では個人に合ったオーダーメイド(競技別、個人別)のマウスガードを作製していますのでご紹介いたします

ラグビーやボクシングなどで、選手が装着しているのを見たことがある方はいるとは思いますが、あれはマウスガードというスポーツ用のマウスピースです。

マウスピースと言う呼び方は、19世紀末にイギリスのボクシング選手が使用したゴム製が始まりと言われています。現在でもボクシングやラクロスではマウスピースと呼ばれることが多く、アメリカンフットボールやラグビーではマウスガードと呼ばれることが多いようです。

マウスガードの効果

歯や口腔粘膜、顎などを外傷から守り、頭部への衝撃を緩和し頭頚部の外傷を軽減できます。また、しっかり噛みしめることで競技のパフォーマンスを向上させたりすることができます。自分の歯で相手に傷をつけることを予防できることも大きなメリットのひとつです

歯科医院で作製する
マウスガード

マウスガードは市販のものもありますが、個々のお口にピッタリとはフィットしていないめ、違和感は強くなります。お口を開けるとすぐに落ちてしまうものも多くあり、適合の悪いマウスガードは怪我の予防が期待できません。

それに対して、歯科医院で作製するものは、オーダーメイドで作製するので、お口にピッタリとフィットして違和感も少なく、噛み合わせの調整も可能で安全性に優れています。また、しっかりと噛みしめることができるので、競技のパフォーマンスを向上させたりすることができます。

1989年に米国アラバマ州で相手と接触するスポーツをしている中高生2,470名を対象に行われた調査によりますと、顔やお口のケガの発生率はマウスガード未使用者では55.1%に達するのに対し、マウスガード使用者では2.5%であったと報告もあります。

マウスガードのカラーサンプル

マウスガードの義務化と推奨

マウスガードが義務化されているスポーツ

ボクシング・キックボクシング・空手(団体による)・テコンドー・総合格闘技・ラグビー・アメリカンフットボール・ラクロス・ホッケー(中学生・高校生)・インラインホッケー(18歳以下)・アイスホッケー

マウスガードが推奨されているスポーツ

テコンドー・柔道・空手・バスケットボール・バレーボール・ハンドボール・野球・ソフトボール・水球・スキー・体操・砲丸投げ・相撲・スケートボード

*スポーツの競技・団体によっては、装着する時の注意事項(色の指定など)や装着が認められていない競技団体があるので問い合わせてください。

相模原市矢部の歯医者【福富歯科クリニック】

  • 診療時間[9:30〜13:00]、[14:30〜18:00]
  • ※学会や祝日のある週は、休診日が変更になることがあります。カレンダーにて休診日をご確認ください。
アクセス
〒252-0232
神奈川県相模原市中央区矢部3-4-1 
八木ビル1F
アクセス
横浜線[矢部駅]南口から徒歩3分
TEL
042-755-5505
福富歯科クリニック 福富歯科クリニック