福富歯科クリニック

審美歯科
COSMETIC DENTISTRY

審美歯科の考え方

歯には機能的な側面と審美的な側面がありともに健康に関しては重要な要素です。

機能面の改善が審美性の改善につながることもあり、また機能面の改善が審美性の改善につながることもあります。

審美歯科

審美性の改善を行うために刹那的な治療にならないよう、将来を見据えた治療方針を考えていかなければなりません。しかしながら、現在の健康保険制度での治療は機能的な回復はおこなえても審美歯科的な治療を行うには限界があります。

理想的な審美歯科治療を行うには、虫歯・歯周病・歯列矯正・外科矯正・口腔外科・インプラントなどの幅広い知識と技術が必要です。各科の治療を組み合わせた総合的歯科治療が必要で、当院ではこの総合的歯科治療を得意としています。

審美歯科の具体的内容

  • 歯列矯正(外科矯正、マウスピース矯正、裏側から装置による矯正など)
  • ホワイトニング
  • セラミックや他の材質による人工歯
  • 審美歯周外科など

材質について

金属

強度が高いのが長所ですが被せ物や詰め物では色が銀色で一般的に「銀歯」と呼ばれ審美性(見た目)がよくない欠点があります。

レジン

一般的に樹脂と呼ばれる物でプラスチックのようなものです。白い材質なので金属より審美性(見た目)は優れますが、強度が弱く長年の間に磨り減ります。

透明度が低くある程度の色調の再現しかできずきれいな色がでにくいです。時間の経過とともに光沢を失い、黄色く変色してしまいます。部位によって保険が適応できます。

セラミックス(e-maxセラミック)

レジンに比べて強度が強く、耐磨耗性もよく、奥歯に被せ物をすることが可能ですがジルコニアに比べると強度は劣ります。

レジンに比べて色調の再現性に優れ、変色も少なくなります。保険適応外となります。

ジルコニア
(ステイニング、レイヤーなど)

時間が経過しても光沢を失わず、変色しません。

強度と耐磨耗性が最も優れています。プラークや汚れも最も付着しにくいです。生体に対する為害作用がなくアレルギーも最も少ない材質です。保険適応外となります。当院では3種類を使い分けています。

  • フルジルコニア(100%ジルコニア)


    最も強度に優れ一番奥歯向きです。
  • ステイニングジルコニア(色付けジルコニア)


    奥歯に向いてますが、色調は良いです。
  • レイヤリングジルコニア


    多少強度が落ちますが、色調の再現が最も優れるので前歯に向いています。

非常に硬い材質で耐磨耗性が最も優れています。プラークや汚れも最も付着しにくいです。生体に対する為害作用がなくアレルギーも最も少ない材質です。保険適応外となります。

ジルコニアの症例

ジルコニア(ZrO2:二酸化ジルコニウム)は、ジルコニウムの酸化物です。現在使用されているセラミックス材質の中で最も強度が高く、オールセラミックスの被せ物で主流となっています。

従来のシリカやアルミナを主成分とするセラミックスと比較して強度に優れるため、最も注目を集めている材質です。当院では3種類(フルジルコニア、ステイニングジルコニア、レイヤリングジルコニア)のジルコニアを使いわけています。

オールセラミックスは以前は単独の歯に限られていました。

しかし、ジルコニアは優れた強度のため力のかかる奥歯やブリッジまでメタルフリーで被せ物を作ることが可能です。

ジルコニア ジルコニア

ジルコニアは医科では1970年代から整形外科領域において、人工関節に応用されているセラミックスで優れた強度と生体親和性が示されています。

コンピューターによるCAD/CAMと呼ばれる削り出し加工の研究開発・技術革新によって、歯科にも応用されるようになりました。

歯科応用されてからは歴史が浅い材質で、日本では2005年に厚生労働省の認可がおりました。優れた強度・生体親和性・審美性のため・現在最も注目を集めている材質です。

審美歯科のセラミックス

セラミック

セラミックスはポーセレン・陶材とも言います。審美的な材質と言えばセラミックスが最もポピュラーで、最も審美性に優れる材質です。

透明感があり、色調再現性が最も高く、長期の使用でも光沢が失われず変色しません。生体親和性が最も高く、プラークの付着しにくい材質です。

硬い材質で耐磨耗が優れていますが強度が弱いという欠点があったため、従来被せ物にセラミックスを使用するときは、内側を金属(メタル)で補強し外側にセラミックスを焼き付けて使用してきました。(メタルボンドセラミックス)

しかし、近年の研究開発によってセラミックスは著しく進歩しすべてをセラミックスで被せ物をすることが可能になりました。(オールセラミックス)

セラミックス

オールセラミックスを使用することによってさらに高い審美性を得ることが可能です。従来、オールセラミックスは力のかからない前歯が適応症でしたが、近年の研究開発によってますます強度が増し、力のかかる奥歯にも可能になり、また、奥歯のブリッジまで可能になってきています。

オールセラミックスは、多くの材質が世に送りだされていますが現在では、ジルコニアという材質が非常に強度が高いので主役となりつつあります。

この分野は、歯科材料の研究開発の中でも最も急速に成長している分野の一つであります。

セレックによる
オールセラミック修復

セレック治療とは、CAD・CAMの技術を使用して3D光学スキャナーにより印象を行い、コンピューター上で設計し、セラミックブロックを削って修復物を作製するシステムです。

歯科技工所に依頼することなく、「短時間」「高耐久」「経済的」などのメリットが多く、1dayで治療が終了することが可能です。金属ではなく上質なセラミックを使用するため金属アレルギーの心配もありません。

セレックAC Omnicam/セレックMC XLプレミアム

当院で導入している光学デジタル印象は最新鋭のセレックAC Omnicamで、操作性がよく、パウダーフリー・フルカラーの3Dイメージの利点があります。

セレックAC

あらかじめご予約いただければ1day(約90分)で治療が終了いたします。また、ミリングマシン(セレックMC XLプレミアム)も最上位機種で大きさは85mmまで削りだすことができブリッジなどの作製も可能です。

セレック治療の流れ

3D光学スキャン

歯を削った後3D光学カメラにて撮影を行います。従来のような型とりは必要はありません。

3D光学スキャン

修復物の設計

コンピューターの3D画面上で最適な形態に調製します。

修復物の設計

セラミックブロックの選択

設計後は様々な種類のセラミックブロックから最適のものを選びます。

セラミックブロックの選択

セラミックブロックの削りだし

設計データをもとにミリングマシン(CAM)が削りだし、精密な修復物が作製され、あとは従来通り口腔内に装着していきます。材質によってはこの後、焼成を行ったりします。

セラミックブロックの削りだし

高品質なCAD・CAMセラミックはキレイが長持ち。規格生産されたブロックを使用するので、高い耐久性を持ちます。また天然歯とほぼ同じ硬さだから、噛みごごちがとても自然です。

臨床研究によれば、15年予後の残存率は通常の治療が約68%に対し、セラミック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。プラスティック系の材料と違い、経年的な変色がほとんど見られないのも特徴で、あなたのお口のキレイを長持ちさせます。

ラミネートベニア(歯のつけ爪)

 

歯の表面を薄く削りつけ爪のようにラミネートベニアを貼ることによって歯を白く見せる方法です。つけ爪と違い一度つけたら外せません。

 

ラミネートベニアの仕組み

審美歯科

前歯の隙間が気になる・前歯の形が気になるなどもラミネートベニアにより修正することができより美しい歯並びにすることも可能です。

また、ホワイトニングしたがもっと白くしたい・ホワイトニングで十分改善しなかったなどの場合により白い歯にすることが可能です。

利点と欠点

利点 削る量が少ない(0.3~0.8mm)
ホワイトニングよりもっと白くできる・歯の形を修正できる
欠点 自分の歯を削らなければならない
歯軋りや咬み合わせによっては割れることがある

審美歯科の土台-
ファイバーコア

歯や歯ぐきにやさしく
見た目もきれい

神経がなくなった歯に被せ物をするときは歯に土台(コア)をいれて補強してから被せ物を装着します。従来は金属の土台(メタルコア)が使用されることがほとんどでした。

金属は歯よりしなやかさ(弾性)がないため応力が集中しやすく、歯が割れやすくなります。(歯根破折)

そこで、歯根破折を防止するために開発されたのがファイバーコアです。ファイバーコアは歯と似たようなしなやかさ(弾性)があるため歯の破折を予防することができます。

ファイバーコア

また、見た目もきれいで(審美的に優れる)金属アレルギーの心配もないなどのメリットが多くあるため普及しつつある材質です。

日本では2003年に厚生労働省の認可がおりた新しい材質です。

メタルコアとファイバーコア
の比較

メタルコア(金属の土台)

  • しなやかさ(弾性)がなく応力が集中し歯の破折の可能性が大きくなる。
  • 内側に金属を使用するため光透過性が悪く、透明感明るさがでにくい。
  • 金属が腐食して歯や歯ぐきを黒く変色させることがある。
  • 歯の削る量が多くなる
  • 再治療時の撤去が困難
  • 保険適応

ファイバーコア
(グラスファイバー補強の土台)

  • 歯と似たようなしなやかさ(弾性)があり歯の破折の予防となる。
  • 光透過性が高く、きれいな色調が再現できる。より高い審美性を得ることが可能。
  • メタルフリーなので金属アレルギーの心配がない。
  • 歯の削る量が少なくてすむ
  • 再治療時の撤去が容易
  • 保険適応外

歯が折れるのを防止
(歯の破折の防止)

歯が折れるのを防止

メタルコア(金属の土台)は、しなやかさ(弾性)がなく応力が集中し歯の破折の原因となりやすいです。ファイバーコアは、歯と似たようなしなやかさ(弾性)があり衝撃を吸収し歯の破折のリスクを減らすことができます。

建築でいう耐震構造のようなものです。歯根が破折すると抜歯しなければいけない場合が多いです。

ファイバーコアは見た目がきれい
(優れた審美性)

ファイバーコアは見た目がきれい

金属を使用した場合その部分が暗くなりきれいな色がでにくいです。光を遮るので、歯や歯ぐきのまわりが黒く見えてしまいます。

ファイバーコアはメタルフリーなので透明感があり、明るい色調が再現できる方法です。光を通すので歯や歯ぐきのまわりがキレイに仕上がります。ファイバーコアは、審美歯科に向いている材質です。

金属は、溶出し歯や歯ぐきを黒く変色させることがあります

症例1

金属が溶出し、歯が黒く変色しています。金属は、審美歯科に不向きな素材です。

症例2

金属が溶出し、歯ぐきが黒く変色しています。

保険のかぶせ物

保険のかぶせ物

保険で白いかぶせ物にすることができるのは犬歯から犬歯の前歯だけです。

その他の奥歯は、金属(銀色)になります。(1本単独で被せる場合で、応分の咬合圧に耐えうる場合は小臼歯も白い被せ物が可能です。)

保険で使用できる白い材質は「レジン」と呼ばれる樹脂で、プラスチックのようなものです。この「レジン」という材質はある程度の色調しか再現ができず、きれいな色がでにくいです。

また、時間の経過とともに光沢を失い黄色く変色してきます。強度も軟らかいため長年の間に磨り減ってしまいます。

以上のような欠点があるため美しさを求める審美には向かない材質です。審美的に最も理想的な材質はセラミックスです。

レジンの特徴

  • 長所


    保険適応なので安い
  • 短所


    きれいな色がでにくい・黄色く変色する・軟らかくて磨り減る・時間とともに光沢を失う

歯のマニキュア

歯のマニキュア

女性が爪に塗るマニキュアと同じように歯の表面に色を塗り白くする方法です。

歯の表面に樹脂を薄く塗って固めるだけなので1回の通院で白くなります。歯は削りません。

しかし、爪のマニキュアと同じように日数の経過とともに少しずつ剥がれたり変色したりするので一時的なものです。かみ合わせが強いとすぐ取れてしまうこともあります。

ホワイトニングと比べて自然な色になりにくく透明感もでにくいです。長期的に白く、より自然な白い歯を希望される方は他の方法のほうがよいと思います。

歯のマニキュア
  • 診療時間[9:30〜13:00]、[14:30〜18:00]
  • ※学会や祝日のある週は、休診日が変更になることがあります。カレンダーにて休診日をご確認ください。
アクセス
〒252-0232
神奈川県相模原市中央区矢部3-4-1 
八木ビル1F
アクセス
横浜線[矢部駅]南口から徒歩3分
TEL
042-755-5505
福富歯科クリニック 福富歯科クリニック