福富歯科クリニック

インプラントの術式
INPLANT

インプラントの術式

インプラント埋入手術は、臨床応用された当時は2回法が主流で行われていました。これは骨と結合する間の治癒期間にインプラントを、お口の中にさらさないで歯茎の下に埋めておいた方がよいという考えでした。

現在は通常のインプラントの場合、1回法でも、2回法と同等の成果であることが多く報告されています。ケースによって使い分ける必要があります。

当院の埋入手術は、被せ物の最終形態を考慮したコンピューターシュミレーションのガイドサージェリーなので正確です。

インプラントの術式

インプラントのための抜歯術

これまで抜歯した創部は、自然治癒にまかせたり、止血材を挿入していました。抜歯創用保護材(コラーゲンスポンジ)を挿入することによって、

  • 傷口の止血
  • 食べ物の迷入防止
  • 腫れや痛みを和らげる
  • 新しい組織の再生を助ける

等の効果を得る事が出来ます。

最近では、「④新しい組織の再生を助ける」という目的で使用することが多くなってきました。コラーゲンスポンジを充填すると、その中に周囲の細胞や血管が侵入し、骨の吸収を防止し、歯肉の陥没も防止できます。

骨の吸収や歯肉の陥没を防止することによっては、インプラントだけでなく、ブリッジや入れ歯をする場合にも有利になります。骨の吸収は、歯周病に罹って保存できなくなった歯において著明で、コラーゲンスポンジを入れることは有効になります。

前歯部では、唇側の骨は薄いため、より吸収しやすくなります。ブリッジをする場合にも、骨が吸収して歯肉が陥没すると、審美的に美しいものを被せるのが難しくなってしまいます。

一回法

インプラント治療の
関連ページ

以下項目をクリックすると、該当箇所へ移動します。

  • インプラントとは

  • インプラントと天然歯の違い

  • インプラントと従来の治療法との比較

  • インプラントの術式

  • 骨再生誘導法

  • ソケットリフト法

  • サイナスリフト法

  • インプラント治療と喫煙

  • インプラント治療と全身疾患

  • 歯周病患者のインプラント

  • インプラント周囲炎の治療

  • インプラントの歴史

  • 料金について

カレンダーがうまく
表示されない方はこちら

  • 診療時間[9:30〜13:00]、[14:30〜18:00]
  • ※学会や祝日のある週は、休診日が変更になることがあります。カレンダーにて休診日をご確認ください。
アクセス
〒252-0232
神奈川県相模原市中央区矢部3-4-1 
八木ビル1F
アクセス
横浜線[矢部駅]南口から徒歩3分
TEL
042-755-5505
福富歯科クリニック 福富歯科クリニック